クリエイターズバイブル
エグゼクティブクリエイティブディレクター
杉山恒太郎

杉山 恒太郎 Kotaro Sugiyama

杉山恒太郎(すぎやま・こうたろう)
株式会社ライトパブリシティ 代表取締役社長。エグゼクティブクリエイティブディレクター。
立教大学経済学部卒業後、電通に入社。クリエーティブ局にてクリエイティブディレクターとして活躍し、1999年よりデジタル領域のリーダーとしてインタラクティブ・コミュニケーションの確立に貢献。トラディショナル広告とインタラクティブ広告の両方を熟知した数少ないエグゼクティブクリエイティブディレクター。
2002年の日韓ワールドカップ、2005年の愛知万博の招致では日本を代表してクリエイティブディレクションを担当。また、カンヌ国際広告祭審査員(フィルム部門、サイバー部門)、東京インタラクティブ・アド・アワード初代審査委員長、全日本シーエム放送連盟「ACC CMフェスティバル」実行委員長・テレビCM部門審査委員長を歴任。
電通取締役常務執行役員、顧問を経て、2012年4月にライトパブリシティの代表取締役副社長に就任。2015年4月より代表取締役社長。
これまでに、小学館「ピッカピカの一年生」、セブンイレブン「セブンイレブンいい気分」、サントリーローヤル「ランボオ」他シリーズ、丸井「天使が降る夜に会いましょう。」などの作品を世に送り出してきた。