志望理由のサンプル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

職務経歴書に次いで採用担当者が重視しているのが志望理由。この志望理由から、自社にふさわしい人材かどうかを見定めています。しかし、転職を考えているクリエイターの皆さんの中には、「何をどのように書けばいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか?
ここでは、志望理由を書く上でのポイントやコツを紹介しています。クリエイターの職種別にサンプル文も用意したので、志望理由を書くときの参考にしてください。

採用担当者が志望理由でチェックしているポイントとは?

採用担当者は「自社にふさわしい人材かどうか」という視点で志望理由を見ています。特にチェックしているポイントは「応募した理由」「自社の方向性に合っているか」「活躍できる人材か」の3つ。これらを抑えておけば採用担当者に好印象を与えることができます。

自社に応募した理由

採用担当者は選考・内定辞退を避けるため、応募者の熱意や意欲をチェックしています。条件面ではなくその企業にしかない理由を探して内容に含めましょう。

企業の方向性に合った人物か

採用担当者はミスマッチを防ぐために、志望理由を通じて自社が求める人物像と一致しているかどうかを確認しています。企業研究や業界研究、自己分析などを入念に行い、企業理念と自分の強みがマッチする部分を志望理由に入れましょう。

企業で活躍できる人材か

中途採用で企業が求めているのは即戦力の人材です。今までの実績を端的にまとめ、転職先企業でも活躍できることをアピールしてください。これまで担当した案件の規模や実績は、できるだけ数字を用いて具体的に伝えましょう。

志望理由はどうやって作る?

志望理由は採用担当者を説得できる内容でなければなりません。しかし、いざ書くとなるとなかなか筆が進まないものです。上記で紹介したポイントに加え次に紹介する「3つのプロセス」を抑えておくことで、採用担当者に響く志望理由を簡単に書くことができます。

①将来の目標やビジョンを伝える

その企業で実現したいこと、挑戦したいことなどをベースに志望理由を作成しましょう。将来の目標やビジョンを明確にすることで、仕事に対する熱意や意欲を伝えることができます。「なぜそれをやりたいと思ったのか」という理由もあるとなお良いでしょう。

②その企業を選んだ理由を述べる

①の目標やビジョンを達成するために「なぜこの企業でなければならいのか」を明確にしましょう。そうすることで、採用担当者にアピールすることができます。その企業の特徴と自身の目標やビジョンをすり合わせることで、説得力が増します。

③その企業でどう貢献できるかを書く

前職での経験や持っているスキルを活かして、具体的にどのようにして企業に貢献できるかを伝えましょう。採用担当者に「即戦力として活躍できる人材」であることをアピールできます。
なるべく内容に盛り込んだ方が良いですが、職務経歴書やポートフォリオからある程度判断できるため、書ききれない場合は割愛しても問題ありません。

【職種別】志望理由サンプル10選

上記で説明した「採用担当者のチェックポイント」と「プロセス」を踏まえ、クリエイターの職種別志望理由サンプル文を用意しました。架空の企業を想定して作成したものであるため、簡略化している部分があります。あくまでサンプルとして書き方や文章構成の参考にしてください。

企画・営業

前職では自社で開発したWebサービスの営業を行っていましたが、商材に縛られクライアントに最善の提案ができず歯がゆい思いをしていました。決まった商材を売るのではなく、クライアントに寄り添い最も適した課題の解決方法を提案している貴社に魅力を感じ応募しました。私は、職務を通じてマーケティングの経験も積んでまいりましたので、即戦力として貴社の売り上げや新規顧客拡大に貢献できると考えています。(193字)

前職での経験や培ってきたスキルをもとに、どのように貢献できるかが書かれているため、採用担当者も入社後の活躍をイメージしやすい内容です。

Webデザイナー

前職ではWebサイトのデザイン制作を担当していましたが、アパレル系のWebサイト制作をきっかけに、自分の好きなファッションに関わる仕事に挑戦したいと考えるようになりました。ファッションとデザインの融合を理念に掲げ、さまざまなWebサイトを制作している貴社なら、好きなことにチャレンジできるだけではなく、Webデザイナーとしてのキャリアを磨くこともできると考え応募しました。(186字)

自分が挑戦したい分野と企業の理念をすり合わせて、志望理由が書かれています。また、好きなことだけではなく、キャリアアップについても書かれているのでモチベーションを感じられます。

Webディレクター

私はこれまで、官公庁や自治体のWebサイト制作を中心に取り組んできましたが、キャリアアップのために今後はもっと幅広い業務に携わりたいと考えています。SNSを利用した集客をはじめ、さまざまなプロモーション施策を行っている貴社でなら、自分のスキルをさらに磨けると感じ志望しました。前職で培ったスキル、ノウハウを生かしながら貢献していきたいと考えています。(175字)

その企業がどのような施策を行っているか、またどのような仕事ができるかをしっかり理解しています。それを踏まえて志望理由を述べているので、動機が明確になっています。

ゲームプランナー

前職ではカードゲームアプリなどの企画を担当し、50万ダウンロードを達成しました。貴社は数多くのヒット作を手がけており、ユーザーが飽きずに遊べる仕組みづくりに注力されています。私はプランナーとしてキャリアを積み、近い将来にプロデューサーとしてさまざまなゲームに携わりたいと考えています。貴社でなら今まで以上におもしろいゲームを生み出しながら、キャリアが積めると考え志望しました。(188字)

実績のインパクトが強い場合、採用担当者へのアピールになります。さらに、企業が制作しているゲームの特徴を捉えて、志望理由に盛り込んでいるのもポイントです。

Webエンジニア

かねてより、モダンJavaScript開発ツールを導入されている貴社に魅力を感じていました。新しいものに積極的に触れ、可能性を広げていきたいという私の考えにマッチしていると感じ志望しました。前職ではJavaScript開発環境の構築に5年取り組み、その後3年間はマネージャーとして7名の部下の管理業務なども行ってきました。今までの経験、スキルをもとに貴社の業績アップに貢献できると思っています。(197字)

企業の特徴を捉え、うまく自分の将来像とマッチさせています。経験年数やマネジメント人数など、具体的な数字を用いている点も良いです。

企画・編集・ライター

前職では医療系Webサイトの企画・運営、編集、コンテンツ制作などを担当してきましたが、書籍や雑誌に関わる仕事をしたいと思い、出版社である貴社を志望いたしました。出版業界について勉強させていただくと同時に、私が培ってきたWeb業界の知識を生かすことで相乗効果を生み出し、貴社の媒体価値向上に貢献したいと思っています。(157字)

前職でどのような業務を行っていたのか明確に書かれています。業界は違うものの、これまでの経験と意欲から入社後の働きに期待できます。

グラフィックデザイナー

私はこれまで約3年間、アパレル、美容、ブライダル業界のフライヤーやパンフレットなどの印刷物を中心に、女性向けのグラフィックデザインに特化して仕事をしてきました。今後は、ユーザーの使いやすさを考慮したデザインを制作したいと考えており、UIを第一に考えている貴社を志望しました。女性向けのアプリが多い貴社で、私のこれまでの経験がきっと生かせると思っています。(177字)

UIを軸に志望理由がまとめられています。何をしたいか、何ができるかが明確にされているので、入社後の活躍がイメージできます。

コピーライター

前職の広告代理店では、5年間にわたり女性向けの商品や雑誌のコピーを手がけてきましたが、これからはもっと仕事の幅を広げ、多くの人に自分のコピーを届けたいと考えています。多種多様な業界の大手企業からベンチャー企業までクライアントを抱えている貴社でなら、スキルを磨きながらより多くのコピーライティングに挑戦できると思い応募しました。(163字)

これまでの実績が書かれているので、入社後の活躍をイメージできます。また、仕事に対するやる気や意欲も感じ取れる内容になっています。

CMプランナー

前職ではテレビ向けの企業CMの制作を担当していましたが、今後は映画のCM制作に携わりたいと考えています。もともと映画が好きで、大学時代は映画製作サークルに所属していました。いまでも週末は映画館に通って勉強を続けています。映画の広告を中心に取り扱う貴社でなら、映画の魅力を伝えられるCMを制作できると感じ志望しました。これまでの経験だけではなく、映画好きならではの視点で貴社に貢献したいと思っています。(200字)

志望した経緯が具体的に書かれています。また、趣味として終わるのではなく、映画の魅力を「CMを通して伝えたい」という熱意が感じられます。

スタイリスト

これまで4年間、10代向け女性誌の専属スタイリストとして勤めてきましたが、地方テレビ局とコラボした番組出演者のコーディネートを担当したことをきっかけに、テレビに映る人たちをもっと華やかにしたいと思うようになりました。タレントや芸能人などのコーディネートを行っている貴社で、ノウハウを学ぶだけではなく女性誌での経験を生かして貢献したいと思っています。(174字)

スタイリストとしての経験年数が具体的に書かれているので、ある程度スキルを判断することができます。また、学ぶだけではなく貢献したいという思いを伝えている点も良いです。

まとめ

志望理由は、企業に対して文章で自分をアピールするチャンスです。まずは、企業研究と自己分析を入念に行い、ここで紹介したポイントをもとにまとめましょう。
サンプルをそのまま使うのではなく、オリジナルの文章を書くことを心がけてください。文章を書くのが苦手だという人も、今回紹介したポイントやコツ、手順を参考にすれば簡単に志望理由を作成できるはずです。

「GOOD! CREATOR.job」では志望理由の書き方だけではなく、履歴書や職務経歴書に関するサポートも行っています。転職に関する情報も豊富に用意しているので、気軽にお問い合わせください。