初めての転職

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

初めての転職は誰もが不安に思うもの。その不安を解消するためには、転職の流れやポイントを掴んでおくことが大切です。 このページでは初めて転職を考えているクリエイターの方に向けに、転職ステップとアドバイスを紹介しています。いざというときに迷わず対応できるよう、要点をおさえておきましょう。

クリエイターの転職ステップとは?

まずはクリエイターの転職ステップを確認しましょう。一般的な就職活動と大きく異なることはありませんが、クリエイターならではの気を付けたいポイントを合わせてご紹介します。

①転職の目的の明確化

内定獲得が転職活動のゴールではありません。転職活動は、「スキルアップしたい」「違うフィールドで働きたい」などの目的を達成する手段の一つとしてあるに過ぎません。まずは転職の目的を明確にしましょう。
「これが嫌だから」という逃げの姿勢ではなく「これをやりたいから」とポジティブな目標を立てることで、転職活動がスムーズになります。

②転職活動のスケジュール・資金計画の立案

転職活動は3カ月から半年程度で終えるのが理想です。現在勤めている仕事との両立を図る場合は、「退職」というゴールを設定して計画的なスケジュールを立てましょう。退職して転職活動を行う場合は、生活費や転職資金をどのように賄うのかも含めて予定を組む必要があります。

③自己分析とキャリアの棚卸し

転職活動のスケジュールを定めたら、自己分析とキャリアの棚卸しを行いましょう。自己分析は自分の長所・他所や価値観を分析し「強み」を見つける作業です。
キャリアの棚卸しとは、今までの業務実績を書き出して整理することです。自らの経験を書き出して客観的に分析し、アピールポイントを探します。どちらも履歴書や職務経歴書を記入する上で欠かせない作業です。

成果を出した実績があれば、そのまま自己PRにつなげられます。「今までで一番喜びを感じた仕事は何だろう?」と考えると、適職も見つけやすくなります。

④書類作成

自己分析が完了したら、履歴書・職務経歴書・ポートフォリオを作成します。
中でもポートフォリオは、クリエイターの転職に欠かせない重要なツールです。自分の作品の魅力を伝えるだけでなく、「人材としての価値」をアピールするポートフォリオの作成を目指しましょう。休日の空いた時間を活用してコツコツ制作していくことが大切です。
「履歴書の書き方」はこちら
「職務経歴書の書き方」はこちら

⑤情報収集

応募書類がまとまったところで、求人情報の収集を行います。
ウェブサイトや求人誌、転職アドバイザーなど情報収集の方法は自由ですが、業務内容が転職の目的と合致している企業を選びます。
また、志望企業のコーポレートサイトもチェックしましょう。ウェブサイトのデザイン性や更新頻度も企業の運営状況を判断するポイントです。

⑥業界研究・企業研究

応募する企業が定まったら、業界研究・企業研究を行います。これは志望動機の作成や面接対策に役立ちます。

業界研究・企業研究を行うにはWebや書籍で調べる、転職アドバイザーに相談するなどの方法があります。ウェブサイトは手軽ですが情報が偏りがちです。クリエイターに特化した人材紹介・派遣会社や紹介実績のある企業に相談するのがベストでしょう。
「GOOD! CREATOR.job」に相談したい方はこちらへ

⑦採用試験・面接

書類審査等を経て、採用試験や面接に進みます。採用担当者は面接を通してスキルや能力だけでなく、人柄も確認しています。そのため、暗記した内容を面接でそのまま話すのはNG。面接はテストではなく対話の場と考え、柔軟に対応しましょう。
「面接対策」はこちら

⑧条件面談・雇用契約の締結

条件面談とは、給与や勤務時間、福利厚生などの勤務条件や待遇を調整する面談で、主に人事担当者と行います。転職活動は提示された条件を一方的に受け入れなければならないと考えがちですが、条件面談を行えばその交渉も可能です。
後悔しない転職先を見つけるためにも、条件面談の実施はお勧めです。交渉が難しい場合は、転職アドバイザーを活用し代行してもらうと良いでしょう。

⑨円満退職に向けた準備

内定をもらったら退職の準備に着手しましょう。法律上は退職日の2週間前までに退職届を出せばOKとなっていますが、企業によっては退職日の1カ月前までに提出するなどの規定があるところも多いようです。引き継ぎも考慮して退職日を調整しておきましょう。
クリエイター業界は、転職した後も仕事で顔を合わせることが多いものです。立つ鳥跡を濁さず、円満退職を心がけましょう。

転職活動は働きながら? 退職してから?

転職活動に集中するべきか、仕事と両立するべきか悩む方は少なくありません。どちらでも採用の合否に大きな影響はありませんが、求職者にとっては「働きながら転職」のほうにメリットが多いといえます。双方のメリット・デメリットを比較してみましょう。

働きながら転職活動をするメリット

収入が安定する
金銭的に安定しているため、例え転職活動が長引いたとしても焦らず取り組むことができます。また、家庭がある人は家族に心配をかけない点も大きなメリットです。
スケジュールとしては、ボーナスの時期に仕事を辞めて新しい会社へ移るケースが多いようです。
じっくり企業を選べる
収入を得ながら転職活動を行うので、「○カ月後には就職先を決めなければならない」と焦る必要はありません。理想とする企業に出会えるまでじっくりと転職活動を行うことができます。
職歴に空白ができない
採用担当者からすると、職務経歴書の空白期間は何をしていたのかと気になるもの。キャリアが途絶えていないのは、それだけで大きなアピールポイントになります。

働きながら転職活動をするデメリット

平日に転職活動することが難しい
業界にもよりますが、面接が平日に設定されることは珍しくありません。そのため、土日休みの職場で働いている人にとっては平日の転職活動が難しいというデメリットも。有給休暇を取得して面接に行くことも可能ですが、頻繁に休むわけにもいかないのが現実でしょう。
UターンやIターン転職を考える人は移動時間もかかりますから、働きながらの転職では苦労する面も多いようです。
転職活動に集中できない
転職活動に集中できないので思うように時間が取れず、転職のチャンスを逃してしまう場合もあるでしょう。また、本来の業務に集中できず業績が下がってしまうこともあるかもしれません。
業務と転職活動を両立するなら、ポイントを押さえて要領よく進める必要があります。

退職してから転職活動をするメリット

転職活動に集中できる
退職してからの転職活動は、その時間を全て転職活動に充てることができます。ポートフォリオの作成など短期集中で片付けたい作業がある場合には有利でしょう。また、平日の選考活動にも参加しやすいというメリットがあります。
スキルアップを図ることが可能
スキルアップを図りたいなら、退職してからの転職活動がおすすめです。時間的にゆとりがあるので、資格の取得やコンペの参加も行いやすいメリットがあります。セミナーに参加し、人脈を広げるのも良いでしょう。

退職してから転職活動をするデメリット

経済的に不安定になる
退職してからの転職活動は、経済的な不安が最大のデメリットです。「早く決めなければ」と焦るばかりに、転職の目的を見失い間違った選択をしてしまう可能性があります。
転職活動に焦りは禁物。自己都合退職の場合は、失業手当が支給されるまでに3カ月の期間を要します。最低限この期間に生活できるだけの貯金は蓄えておきましょう。
精神的なストレスが大きい
経済が不安定で職も決まらないという状況は、想像以上に大きなストレスになります。自己管理が難しくなり、生活が不規則になるケースも珍しくありません。場合によっては転職アドバイザーなどの転職支援サービスの活用を考えてみましょう。

転職スケジュールの立て方とは?

転職スケジュールは3カ月~半年を目安に

転職活動のスケジュールは3カ月から半年を目安に計画しましょう。
転職活動では複数の企業に応募したり、面接の日程が重複したりすることもあります。予定を調整し抜けもれなく対応するためにも、スケジュール管理は必須です。

転職スケジュールを立てるコツ

スケジュールは逆算する
経済が不安定で職も決まらないという状況は、想像以上に大きなストレスになります。自己管理が難しくなり、生活が不規則になるケースも珍しくありません。場合によっては転職アドバイザーなどの転職支援サービスの活用を考えてみましょう。
「内定を得た後」も考えて
内定獲得というゴールの他に、「会社をいつ辞めるか」というゴールも合わせて設定しておきましょう。仕事をしながら転職活動を行っているのであれば、引き継ぎやその資料を作る時間も必要です。繁忙期の退職は避けるなど、業務に支障を来さないような配慮があると引き継ぎもスムーズです。

クリエイターが転職活動で準備すべきものとは?

履歴書

履歴書は形式的なものと考えられがちですが、クリエイターの転職では履歴書も重要な自己PRツールになります。昔は手書きが一般的でしたが、最近はパソコンで作成するスタイルが増えています。企業からの指定がない限りはどちらで作成しても問題ありません。
手書きの場合は文字を丁寧に書き、パソコンで作成する場合は読みやすく美しいレイアウトを心がけると良いでしょう。フォント選びひとつとってみてもセンスが現れますから、隅々まで気を抜かないことが大切です。
「履歴書の書き方」はこちら

職務経歴書

職務経歴書は、自分のスキルや経験をまとめ、仕事でどのように貢献できるのかをアピールする書類です。ただ情報を羅列するのではなく、読み手(採用担当者)に配慮したレイアウトが求められます。一つひとつの項目を端的にまとめ、成果は数字で示すなど具体的な表現を心がけましょう。A4用紙2~4枚程度に収めるのがベストです。
「職務経歴書の書き方」はこちら

ポートフォリオ

クリエイターの転職ならではのアイテム「ポートフォリオ」は、求職者のスキルや能力を判断する上で重要な資料です。注意するべきは、ただの作品集で終わってはいけないということ。クリエイターとしてクライアントの課題をいかに解決したか、ビジネスで自分がどのように役立つのかをアピールしなければなりません。魅力的なポートフォリオは、それだけで大きな自己アピールの材料になります。

後悔しない転職先を選ぶには?

転職活動は自分の目的を達成するためのもの。入社後のギャップを目の当たりにして後悔することがないよう、自分にぴったりの企業を選ぶことが大切です。転職活動で後悔しないためのポイントをご紹介します。

自己分析を完璧にしておく

自分に適した会社を選ぶためには、まず自分の適性を把握しておかなければなりません。自己分析で強みを把握し、どんな企業でどのような能力を発揮して活躍したいのかという目標を定めておきましょう。

業界研究・企業研究を怠らない

転職活動が失敗する原因の多くは、情報収集の不足にあります。企業研究の不足や業界の動向を把握していなかったために面接で落とされるケースも少なくありません。
同業他社もあるなかで「なぜここでなければ駄目なのか」という志望理由を明確に述べられるようにしておきましょう。

困ったらプロに相談する

初めての転職活動に不安や悩みはつきものです。特に自己分析や情報収集は、一人で進めるのが難しい場合もあるでしょう。困ったときは転職アドバイザーなどの転職支援サービスに相談するという選択もあります。クリエイターに特化した人材紹介・派遣会社や紹介実績のある企業がおすすめです。
「GOOD! CREATOR.job」に相談したい方はこちらへ

クリエイターの転職でよくある不安とは?

転職していることが会社にばれたら…

転職活動を行っていることは、現在勤めている会社にはなるべく内密にしておくのがベターです。
転職活動を周囲に知られると、会社から説明を求められたり説得されたりすることもしばしば。周囲の対応が変わり、会社に居づらくなってしまったケースもあります。
内定をもらって退職願いを出すまでは、転職について触れないほうが無難です。

履歴書や面接でアピールできることがない

「長所が見つからない、困った!」という場合は、キャリアの棚卸しをしてみましょう。今までの経験を書き出し、そこからアピールポイントを見つけます。失敗談しかないときも大丈夫。失敗の経験をどのように乗り越えたか、どのように課題を解決したかを書き出すことで、自分の強みが見えてきます。
面接は求職者の経歴を見るだけでなく、入社してからどのように活躍するかを見極める場でもあります。「入社したらこんな風に貢献したい」と前向きなアピールが大切です。
「よくある面接の質問と回答例」はこちら

転職先の給与や福利厚生など条件面が聞きづらい

「面接の印象が悪くなるのではないか」「お金目当ての転職と思われそうで心配」と思いつつも、やはり気になるのが給与や福利厚生の話。確認したいがなかなか質問できないジレンマに悩む人も多いでしょう。

一般に企業の給与規定は機密情報ですから、内定前に具体的な金額を提示することは滅多にありません。内定をもらった後に人事担当者に確認するのがスマートな尋ね方です。
極力ストレートな表現は避けて、
「条件面について、可能な範囲で教えていただけますでしょうか」。
「出退勤の時間や休日については、どのような覚悟をしておけばよいでしょうか」。
と働く意欲を見せつつ尋ねるのがポイントです。
入社してから悩まないように、気になる点はきちんと確認しておきましょう。

まとめ

転職活動はその目的を明確化するところから始まります。クリエイターとしてどう活躍したいのか、挑戦したいことは何かを洗い出し、その目的を達成できる環境を選んでいきます。
転職活動は3カ月から半年を目安にスケジュールを組み、計画的に進めましょう。成功のカギは自己分析と情報収集にあります。数ある転職のステップの中でも、この2点は特に集中して取り組んでください。キャリアの棚卸しを行い、ポートフォリオを作成することも忘れずに。

初めての転職活動は不安や疑問がつきものですから、転職アドバイザーなど困ったときに相談できる相手がいると安心ですね。
「必ず転職する」という強い意志を持ち、転職のステップを一つずつクリアしていきましょう。