履歴書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「クリエイティブ業界に転職したいけど、何を準備したらいいの?」と思っているあなたに向けて、転職活動の準備物や履歴書の書き方についてご紹介します。採用担当者が見ているポイントやありがちな履歴書のNGパターンも解説。履歴書作成のポイントを押さえて、転職成功への一歩を踏み出しましょう。

クリエイターが転職活動で準備するものは?

必要なものは履歴書、職務経歴書、ポートフォリオの3つです。特にこれまでの作品をまとめたポートフォリオは、採用担当者があなたの技量や実績を判断できる材料となるので、クリエイターの転職には欠かせない重要な書類。採用担当者自身もクリエイターである場合が多いので、ポートフォリオの中身であなたの力量が判断されるといっても過言ではありません。ポートフォリオはWebデザイナーやディレクター、コピーライターなど、どの制作職においても求められるので必ず用意しましょう。

ただし、ポートフォリオにだけ比重を置けばよいわけではありません。人事や役員は履歴書・職務経歴書を重視する傾向にあります。こちらの記入も手薄にせず、しっかりプロフィールが伝わるように書き込みましょう。ここでは、履歴書の書き方を説明していきます。

履歴書の作成方法はパソコン? それとも手書き?

履歴書をパソコンで作成することが一般的になってきた一方で、手書きの履歴書を重視する企業も未だに一定数存在します。どちらか迷った場合は「手書き」で提出することをおすすめします。

手書きの履歴書は手間がかかる分、誠意や熱意を伝えやすいというメリットがあります。役員や面接官と対面するような場面では、パソコンで作成した履歴書よりも、手書きの履歴書を持参するほうが好印象を与えられるでしょう。ただし、選考の初期段階で履歴書をサイトにアップロードしなければならない場合や、メールに添付しなければならない場合は、手書き指定がない限りパソコンで作った履歴書を使用しても問題ありません。

採用担当者が履歴書でチェックしているポイント

入社日や勤務時間帯などに関してやむを得ない事情がある場合を除き、基本的に「特になし」と記入します。特別な事情に関しては面接で直接相談するのが望ましいです。

・文字が丁寧に書かれているか?(手書きの場合)
たとえ字が綺麗でなくても、「貴社で働きたい」という熱意があれば、自然とその思いが字に反映されるもの。一画ずつ真心を込めて記入しましょう。
・誤字・脱字がないか?
履歴書に誤字・脱字があると、仕事でも小さなミスを犯すのではないかと思われる可能性があります。記入後は必ず見直すようにしましょう。出版・印刷業界に応募する方は特に注意したいところです。また、履歴書作成において修正液・修正テープの使用は厳禁。書き損じたら新たな紙に書き直しましょう。
・証明写真の見栄えが悪くないか?
証明写真機で撮影した写真を自分でカットした場合、切り取り線がガタついたり斜めに傾いたりしていないでしょうか。光の入り方が悪くないか、服装や髪型に清潔感があるかどうかもチェックしたいポイントです。面接官はあなたの人となりを写真からも読み取ろうとするので、写真の見栄えの良さは案外重要です。写真が原因で履歴書全体のクオリティを下げたくない場合は、プロのカメラマンに依頼するとよいでしょう。
また、写真を履歴書に貼る前に写真の裏に名前と生年月日を明記しておきましょう。そうすれば、万が一、写真が剥がれ落ちてしまっても採用担当者は誰の履歴書に貼られていた写真なのか判別することができます。

履歴書でありがちなNGパターン

自分では頑張って書いたつもりでも、履歴書の表現の仕方が惜しいために実力が正しく伝わっていなかった、ということはよくあります。転職を成功させたい身としては、そういう事態は避けたいもの。ここでは、ありがちな履歴書のNGパターンを3つご紹介します。

NG① 企業名・資格名が正式名称で書かれていない

NG例
  • たき工房
  • 自動車免許
  • フォトショ検定1級
OK例
  • 株式会社たき工房
  • 通自動車第一種運転免許(AT限定)
  • Photoshopクリエイター能力認定試験1級

企業名や資格名は正式名称で記入しましょう。企業名が同じ会社も存在するので、法人格(株式会社、有限会社、一般社団法人など)の書き忘れには気をつけてください。採用担当者によっては最初に資格欄に目を通し、人材条件の選別を行う場合もあります。企業で必要とされている資格がある場合は事前に確認しておきましょう。

NG② 受賞歴の内容が明確に伝わっていない

NG例
  • たき工房
  • 自動車免許
  • フォトショ検定1級
OK例
  • 株式会社たき工房
  • 通自動車第一種運転免許(AT限定)
  • Photoshopクリエイター能力認定試験1級

NG例は情報があまりにも不足していて、あなたの実績や強みをうまくアピールできていません。賞の概要や取引先、具体的な数字(例:約1万点の応募作品があった)などを盛り込んで、履歴書に目を通す採用担当者が賞の規模と内容をひと目で理解できるようにしましょう。

NG③ 志望動機が独りよがりになっている

NG例

「クリエイティブな仕事がしたい」「4年後に結婚したい」「ワーク・ライフ・バランスを大切にしたい」「残業が少ないところで働きたい」など

OK例

現在〇〇の職に従事しており、将来は□□を担うことを目標としています。これまで◇◇で培ってきた経験を活かし、貴社の△△部門で貢献させていただきたいと考えております。

よく見られる志望動機の書き方として、「自分の要望・希望ばかりを書いてしまう」ことが挙げられます。NG例のような志望動機は採用担当者の目には自己中心的に映ってしまいます。
確かに福利厚生や希望職種に就けるかは大事な点ではありますが、企業が求めているのは「なぜ他社ではなくうちを選んだのか」というあなただけにしか書けない揺るぎない理由です。自分のスキル・強みと会社の求める条件がマッチしていることを伝えるために、事前に会社HPなどを調べてその会社でしか実現できない自分の姿を書き込みましょう。

まとめ

クリエイターが転職するときの履歴書の書き方や注意点は把握できたでしょうか。
採用担当者がチェックするポイントを押さえ、注意点に気をつけて書くことであなたの履歴書のレベルもグッと上がるはずです。ぜひ参考にして履歴書を書いてみましょう。書き方の詳細や例文を知りたい方は「履歴書のサンプル」をご参照ください。