職務経歴書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

職務経歴書は、クリエイターが就職・転職活動をする際に履歴書とともに必要になる書類です。ここでは、職務経歴書の基本的な書き方やポイントを説明します。

職務経歴書はなぜ必要?

職務経歴書は、履歴書では説明しきれないこれまで経験した仕事の内容や仕事における役割など詳しい職歴を伝えるための書類です。また、実力やスキルを伝えるために提出するポートフォリオは、仕事への取り組み方や周囲の人との関わり方などの制作工程、どういう経緯で作成したのかといった情報を伝えきれないため、職務経歴書が必要なります。

職務経歴書で採用担当者が見ているポイントとは?

職務経歴書は重要な書類であることが分かりました。次は採用担当者が職務経歴書でチェックするポイントを紹介します。より良い職務経歴書作りに生かしてください。

企業が求める能力を持っているか

職務経歴書でまずチェックされているのが、企業が欲する能力を持っているかどうか。ディレクション経験の有無、使用ツールの習熟度、Web系媒体の制作経験の有無など、企業によって求める能力の種類やレベルは異なります。事前に企業研究をしっかりと行い、マッチする能力を職務経歴の所々に書き込むようにしましょう。

自社に合う人材かどうか

どのように仕事を任され、どのように取り組んだのか。仕事に対するスタンスや人間性も採用担当者は重要視しています。採用すれば長期間同じ場所で一緒に働くことになるため、社風との一致は企業にとっても重要なポイントの一つです。企業研究を行う際には、求められるスキルだけではなく、企業が理想とする人材像も同時に調べておきましょう。

自分をアピールする能力があるか

これは「プレゼン能力があるか」という言い方に置き換えることができます。職務経歴書を書く際には、自分の強みを理解し、それを企業の求める形に合わせて表現できるかどうかも重要なポイント。言葉の言い回しだけでなく、職務経歴書のレイアウトにも気を配り、自分のアピールポイントを最大限に引き立たせましょう。
自分をアピールするためには、自己PR欄を活用すると効果的です。書き方の例を知りたい方はこちらを参考にしてください。
「自己PRサンプル集」を見る

職務経歴書を読みやすくするには?

「職務経歴書で採用担当者が見ているポイントとは?」で述べた通り、職務経歴書の中で自分をいかにうまく表現できるかどうかが重要です。書類選考を通過できるかどうかの分かれ道となります。採用担当者の目を引くためにまず気をつけたいのが「読みやすさ」。具体的に読みやすくするための方法を確認していきましょう。

A4用紙2~3枚を超えないように

忙しい採用担当者になると、一日に何百枚もの応募書類を確認しなければなりません。いくら丁寧に書いたとしても枚数があまりにも多ければ、読む側にとって大きな負担となります。職務経歴書は多くてもA4用紙2~3枚に収めましょう。

箇条書きしたり改行したりして見やすく

文章の表記の仕方を工夫する方法も有効です。必要に応じて以下のような工夫を加え、読む人がひと目で理解できるようなレイアウトを心がけましょう。

  • ポイントは箇条書きにする。
  • 強調したいところを太字にする。
  • 文の切れ目で改行を行う。
  • 情報量が多いときは区切り線を使う。
  • 項目をひと目で理解できるよう< >や【 】で囲む

自然と文章が頭に入ってくるようなレイアウトが作成できているかどうかも、クリエイターであれば意識したいところです。デザイナーなどは特に注意して作成するようにしましょう。

業務内容は数字や固有名詞を入れて具体的に

同じクリエイターの職種であっても会社によって業務内容が異なります。どんな仕事を経験してきたのかがしっかりと伝わらなければ、いくら熱意があっても正確な選考をしてもらうことができません。業務内容は企業独自の言い回しなどを避け、一般的な名称を使って詳細に説明するように心がけてください。会社名、媒体名、媒体の種類などは正式名称を使い具体的に説明しましょう。

また、勤めていた会社の在籍人数など具体的な数字が書かれていると、採用担当者は業務内容をイメージしやすくなります。案件を担当したチームの人数や売上増加の比率など、可能な限り具体的な数字の情報を用いるようにしましょう。

まとめ

クリエイターが転職するときの職務経歴書の書き方や注意点は把握できたでしょうか。
採用担当者がチェックするポイントを押さえ、レイアウトに気をつけて書くことであなたの職務経歴書のレベルもグッと上がるはずです。ぜひ参考にして職務経歴書を書いてみましょう。書き方の詳細や例文を知りたい方は「職務経歴書のサンプル」をご参照ください。