面接対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「やっと面接までこぎつけたけれど、面接対策が十分にできていない」
「自分の面接マナーは、きちんとしたものなのかな……」
転職活動中のクリエイターの中には、そんな不安を抱えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方々のために、このコンテンツでは面接前に行うべき準備から、マナー、面接突破のコツまでクリエイターが行うべき面接対策をご紹介します。面接対策について基礎から応用まで一通り網羅しているのでぜひ参考にしてください。

面接前に行うべき準備とは?

面接前に行うべき準備として代表的なものに、「自己分析」と「企業分析」があります。どちらも、面接で自分のことをしっかりとアピールするために欠かせないもの。それらには、クリエイター特有の注意点や方法も存在します。その2つの基本的なやり方と、クリエイターが気を付けるべきポイントについて解説します。

準備1:自己分析

自己分析とは、面接において自分をアピールするために、自分自身について掘り下げることです。自己分析をしっかりと行うことで、一本筋の通った説得力のある回答ができるようになり、面接官からの印象も良くなります。

自己分析とは?

自己分析とは、面接において自分をアピールするために、自分自身について掘り下げることです。自己分析をしっかりと行うことで、一本筋の通った説得力のある回答ができるようになり、面接官からの印象も良くなります。

自己分析の方法

自己分析の方法には、大きく分けて、「自分の過去を掘り下げるもの」と、「自分の未来を掘り下げるもの」があります。
自分の過去を掘り下げるものとしては、以下のような方法が挙げられます。

  • 過去の経験を時系列順に書き出す
  • 過去の経験や学生時代の文集から自分の好き嫌いや長所・短所を洗い出す
  • これまでに受け取った手紙やメッセージカードを見返す
  • 過去の就職活動でなぜ自分はA社、B社……を選んだのかを分析する
  • 日記を書き始め、転職活動中に感じたことや考えたことを記録する

いずれの方法においても、良い部分や悪い部分だけを見ることなく、ありのままの自分の過去に目を向けることが大切です。
加えて、クリエイターの方々には「今までの自分の作品を見返すこと」をおすすめします。
自分の作品を見返すことで、自分の創造性はどこに向けられているのかがわかります。それは、「なぜ自分が転職先を志望しているのか」を知ることに繋がるため、志望動機を明確にする際に役立ちます。

自分の未来を掘り下げるものとしては、以下のような方法が挙げられます。

  • 自分の仕事を通した最終的なゴール・目標を書き出す
  • 自分の理想の未来について書いた「未来の履歴書」を制作する

クリエイターの方々は、「将来の自分のなりたい姿」をイメージして考えてみてください。3年後、10年後、20年後、引退後も含めて自分がどんなものを作っているのか、どのような姿になっているのかを具体的にイメージすることで、自分がどのようなクリエイターを目指すのか、そのために企業でどのような仕事をしたいのかを知ることができます。

クリエイターが自己分析で重視すべきこと

クリエイターが自己分析を行う際、特に重視すべきこととして「自分の作りたい(得意な)作品・あまり作りたくない(苦手な)作品を理解すること」と「自分の将来のイメージを明確にすること」が挙げられます。
それは、「創作意欲」がクリエイターの仕事に向かう大きな原動力となっているからです。「本当に自分がやりたいこと」と「その最終的なゴール」を明確にすることで、クリエイターはその転職先でどのように創造性を発揮できるのかを考えられるようになります。それにより、熱を持って説得力のある志望理由が語れるようになるのです。

準備2:企業分析

企業分析とは?

企業分析とは、志望企業について理解を深め、志望理由をはっきりさせることです。自己分析で自分の志望動機や強みを明確にした上で企業分析を行うことで、首尾一貫した回答ができるようになり、面接担当者に自分の活躍するイメージを抱かせやすくなります。

企業分析の方法

企業分析の方法としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 企業のコーポレートサイトや採用サイトを見る
  • クリエイター向け転職サイト・派遣会社を活用する
  • 会社四季報など紙媒体から企業情報を集める
  • 転職エージェントを利用する
  • 転職先の社員や転職先の面接を受けたことのある人に直接接触する
  • 企業の勉強会や交流会に参加する

可能ならば、面接先の企業だけでなく、近い事業を行っている別の企業についても調べておきましょう。面接時に「その企業ではなく自社を志望する理由」を尋ねられるかもしれません。また、同業他社と比較することで、その会社と自分とがマッチングしているかどうか、より詳細に知ることができます。

クリエイターが求人情報でチェックすべきポイントとは?

クリエイターのみなさんには「その企業がどのような人材を必要としているか」という視点で求人情報をチェックすることをおすすめします。
クリエイターは専門性の高い職業です。そのため、企業がクリエイターを中途採用するときは、特定の専門スキルを求めて求人を行っている可能性が高いです。そのような場合に自分が持っているスキルと企業のニーズが合致すれば、内定に大きく近づくことができるかもしれません。

クリエイターの面接で必要な持ち物とは?

クリエイターの面接で必要な持ち物について、「必須のもの」「あると良いもの」「場合によっては必要なもの」の順に説明します。

必須のもの

A4サイズが入るビジネスバッグ

企業に提出する資料が余裕を持って入るサイズのものを選びましょう。色は、黒や茶色など落ち着いたものがベター。底がしっかりしたものだと、面接時に足元に置くのに便利です。

履歴書・職務経歴書とそのコピー

必ず面接で履歴書・職務経歴書の内容は掘り下げられます。前もってデータで提出していても、印刷して持っていきましょう。入り口で提出を求められたり無くしたりした場合に備え、コピーも用意しておくと安心です。

ポートフォリオ(or企画書)

クリエイターの実力・経験を判断するのに最も重視される資料です。こちらを用いたアピール法については「クリエイターが面接を上手く突破するコツとは?」で説明します。

クリアファイル

資料やポートフォリオは、しわがつかないようにファイルにしまっておくべきです。面接先で資料をいただいた場合にも、しまうのに使えるため重宝することになります。

筆記用具

筆記試験や、面接でメモを取る場合に使います。また、面接当日に持参した資料に不備を発見することや、書類などに記入を求められることがあります。ボールペン・シャープペンシル・消しゴムは必ず持っていきましょう。

手帳/スケジュール帳

面接時に今後の予定が尋ねられた場合に使います。また、業務や今後の面接日程について詳しい内容を聞いたときのメモ代わりにも使えます。

腕時計

面接の場において、携帯電話・スマートフォンで時間を確認することは失礼に当たります。シンプルでビジネス向きの時計をつけていくのが好ましいです。シルバーや黒・茶色の革ベルトなど、スーツと馴染むものがベター。アラーム機能のある腕時計は、面接中に鳴ってしまわないよう事前にチェックしておきましょう。

携帯電話/スマートフォン

遅刻など、緊急の連絡の際に必要です。事前に面接先の電話番号を登録しておきましょう。前日にしっかり充電しておくことも忘れずに。

あるとよいもの

プリントアウトされた地図

会場へ向かう途中で携帯電話・スマートフォンが破損してしまったり、充電が切れてしまったりすることもあります。印刷した地図を用意しておいた方が無難です。

会社案内/資料

面接会場に向かう途中で企業情報を確認しておく際に使います。また、面接中に企業の細かい情報や条件について尋ねる際に使います。記載情報について聞きたいことがある場合は、必ず持っていきましょう。

場合によっては必要なもの

ノートパソコン/タブレット

WEBサイトや映像作品等、PCを使って見せたい作品がある場合は、ノートパソコンやタブレットを持っていく必要が生じます。あらかじめ充電を十分にしておきましょう。

作品

立体模型や彫刻品など、採用担当者にプレゼンしたい作品があればそれも持っていきましょう。

面接で気を付けるべきマナー・身だしなみとは?

面接を前にした多くの人にとって気になるのが「マナー」と「身だしなみ」。その2点について、気になるポイントをピックアップし、アドバイスします。

ちょうど良い到着時刻とは?

10~15分前には会場に足を運び、受付に面接の5分前に訪問するのが理想です。遅刻はもちろん厳禁ですが、早く着きすぎても迷惑をかけてしまうことがあります。ちょうど良いタイミングで訪問できるよう心がけましょう。

面接に遅刻してしまいそうなときは?

もしも、面接に遅刻や急にいけなくなってしまいそうな場合は、早急に連絡をいれましょう。
そして、以下の3点を簡潔に伝えてください。

  • 遅れる・または行けなくなったことに対しての誠意ある謝罪
  • なぜ遅刻しそうなのか(行けなくなってしまったのか)、その理由
  • 別時間、または別日程で面接を行ってもらえないかの確認

待ち時間の理想的なふるまいとは?

面接する企業のエントランスに着いた時点で、コートを脱いでおきましょう。また、携帯電話・スマートフォンの電源を切るか機内モードにしておくことも忘れてはなりません。
受付担当者や案内係には、面接官と同じく礼儀正しくハキハキとした態度で接しましょう。その方々に、後で面接官が印象を尋ねることも考えられます。受付に訪問したら、挨拶をしっかりと済ませてから取り次ぎをお願いするのが常識です。

面接に適した入退室方法とは?

面接に適した入室方法として、基礎的なものを「入室(面接官が先にいる場合)」「入室(面接官を中で待つ場合)」「退室」の3つの場面ごとにご説明します。いずれの場面でも、「礼儀正しく明るい」態度を心がけることは不可欠です。面接官にいかに良い印象を抱いてもらえるかを意識するよう心がけましょう。

入室(面接官が先にいる場合)
  1. 1.自分の順番がやってきて名前を呼ばれたら、「はい」と答える
  2. 2.部屋のドアが閉まっていたら3回ノックする
  3. 3.「どうぞ」と言われたら、「失礼いたします」と返事をしてから入室する
  4. 4.ドア側を向いて静かにドアを閉め、面接官側に向き直る
  5. 5.「○○です。本日はよろしくお願い申し上げます」と挨拶し、45度の角度を意識して一礼する
  6. 6.「どうぞ」「おかけください」など声をかけられたら「はい、失礼します」と答え、着席する
入室(面接官を中で待つ場合)
  1. 1.特に指示がなければ、下座(※)の横で立ったまま面接官を待つ
    (※…面接の場合、下座は最も出入り口に近い席と考えてください)
  2. 2.指示があった場合は、その指示に従う。
    • 「おかけになってお待ちください」と言われたら下座に座って面接官を待つ
    • 「こちらにおかけになってお待ちください」と言われたら、指定された席に座って面接官を待つ
      (座る場合、椅子の背にもたれることのないよう注意。背筋を伸ばして静かに待機しましょう
  3. 3.ポートフォリオなど提出するものがあれば、待ち時間を使って準備する
  4. 4.面接官が入室したら、座っていた場合はすぐに立ち上がり「○○です。本日はよろしくお願い申し上げます」と挨拶する
退室
  1. 1.「以上で面接を終わります」と言われたら、着席のまま面接のお礼を述べ、一礼する
  2. 2.お礼を述べ終わったら椅子の左横に立ち再度立ったまま「失礼いたします」または「どうぞよろしくお願いいたします」と言い、一礼する
  3. 3.ドアを閉めて退室する際、面接官の方を向いて「失礼いたします」と声をかけ、一礼する。
  4. 4.エレベーターや会社の入り口まで見送ってくれる場合はそこで改めてお礼を述べ、一礼して去る。この際、先方の社員が見えなくなるまでコートは着ない。

面接時に好ましい身だしなみとは?

男性・女性に関わらず面接時の身だしなみで最も意識すべきことは、「それがTPOに合っているか」です。TPOとは、「T=Time(時間)」「P=Place(場所)」「O=Occasion(場合)」のこと。忙しい業務時間に、ビジネスの場で面接を受けるということを意識して、清潔感のある整った服装を心がけてください。特に指定されていない場合は、スーツ着用が無難でしょう。
ただし、クリエイターのみなさんには、センスや時代の流れをとらえる力も期待されているため、ただ整っているだけでなく自分の雰囲気や流行に合った服装を選ぶことも大切です。心配な場合は、事前に応募企業に面接時の服装について確認することをおすすめします

男性の身だしなみで気を付けるべき点

髪型

髪型は、相手に与える印象に大きく関わります。髪の毛が長めの方は、束ねたり耳にかけたりして清潔感を出すよう意識してください。また、髪が目にかからないようするなど、顔が見えるよう配慮してください。

ひげ

どんなに整えられていたとしても、ひげは剃っておいた方が安心です。ましてや、無精ひげや剃り残しはNG。

スーツ

黒や紺、グレーなどシンプルで濃い色合いのものがポピュラーです。頼りない印象を与えてしまいかねないリクルートスーツは避け、サイズや季節感の合ったものを用意してください。もちろん、しわや汚れが付いたものはNGです。ボタンは、三つボタンなら真ん中、二つボタンなら上だけを留めるのが正しい着こなしです。

ワイシャツ

清潔感を演出するために、白を選びましょう。また、カジュアルと受け取る面接官もいるため、襟先にボタンのついたボタンダウンシャツは避けたほうが無難です。

袖口

ワイシャツの袖口は、スーツの袖より1~1.5センチほど出るのが理想です。袖口の汚れは目立ちやすいので注意。また、ボタンはしっかりと留めてください。

ネクタイ

ネクタイの色は自由度が高く、ここがセンスの見せ所と言えるかもしれません。とはいえ、あまりにビビッドな色合いのものや柄物を自分の好みだけで選ぶのはおすすめできません。自分の雰囲気とTPOに合っているものを選ぶという意識は忘れないでください。

ベルト

ベルトはスーツに似合うシンプルなものがベター。迷った場合、素材は革、色は黒か茶色系にしておけばまず間違いはありません。必ず靴と色を合わせましょう。

ビジネス用の革靴で、色は黒か茶色系のものを選びましょう。足元は想像以上に面接官にチェックされています。しっかりと前日に磨いて艶を出しておけば、好印象を与えやすいでしょう。

靴下

靴下は、黒またはスーツの色に合わせましょう。くるぶしまでのカジュアルなものはNGです。

女性の身だしなみで気を付けるべき点

髪型

色は、黒やダークブラウンなど、落ち着いたものが無難です。髪を伸ばしている方は、結んでアップにしたり、耳にかけたりして、表情が明るく見えるようにしましょう。前髪も、目にかからないよう分けたり、ピンで留めたりしてください。

メイク

メイクは、清楚に見えるナチュラルメイクを心がけましょう。眉は太めに描き、チークやリップを優しい色合いにすると、自然で健康的な印象を与えられます。

ボトム

以前はスカートの方が良いとされていましたが、現在はスカート・パンツスーツのどちらでも問題ありません。スカートの場合、立ったときに膝が隠れる程度。パンツスーツの場合、ヒールの付け根よりも数ミリ下程度の丈がきれいに見えるとされています。

インナー

清潔感のある白のブラウスもしくはカットソーがベストです。フリルやレースが付いたものは避け、シンプルなデザインのものを選びましょう。下着が透けないよう、インナーの下には同色のキャミソールを身に着けておくことをおすすめします。

袖口

女性の場合は、袖はスーツから見えないようにするのがベターです。長くても、親指の付け根くらいまでの丈にしておきましょう。

ストッキング

自然な肌の色に近い、無地のベージュを選びましょう。

黒色のプレーンなパンプスを選びましょう。ヒールの高さは5cm程度がおすすめです。汚れ・破損は悪印象ですので、事前に修理に出したり、磨いたりしておきましょう。

私服面接で気を付けるべきポイントは?

「私服でお越しください」という指示があれば、それに従い私服で面接に臨みましょう。
この指示には、あなたのセンスや趣味嗜好を服装から判断しようという面接官の意図があります。そのため、自分の個性や応募先の雰囲気に合った服装を選ぶことを意識してください。しかし、TPOに適したものを選ぶという意識はお忘れなく。あくまでも面接の場なので、清潔感は必須です。
男性の場合はジャケットやカーディガンにシャツを合わせて、ボトムはスキニーやチノパンが無難です。ジーンズはなるべく避けましょう。
女性の場合は、ジャケットやカーディガンにブラウスを合わせるスタイルが万人受けするでしょう。

クリエイターが面接を上手く突破するコツとは?

この章では、クリエイターが面接中に重視すべきノウハウを紹介します。

ポートフォリオで「即戦力性」を伝えよう

一般的な職種と違い、クリエイターは面接でポートフォリオの提出を求められることが多いです。それは、スキルやセンス、オリジナリティ、クライアントの意向を適切に取り入れる柔軟性など、クリエイターに必要な能力を判断するのに最も適しているからです。
特に転職の面接ではクリエイターとして「即戦力」であることが重視されるため、ポートフォリオが重視されます。
ポートフォリオで即戦力性をアピールするためには、例えば面接先で行っている事業内容と合致する作品を最初に説明するのが良いでしょう。それにより、あなたが転職先で活躍するイメージを抱いてもらいやすくなります。また、そこから全く別の作品をプレゼンすることで、あなたのクリエイターとしての幅広さを示すことができます。
面接中には「特に力を入れた部分は?」「この作品の意図は?」など作品について細かく聞かれます。わかりやすく答えられるよう、事前に準備しておきましょう。

「これからの伸びしろ」を強調しよう

クリエイターは常に新しい手法・ノウハウを身に付けることが求められる職種です。そのため、時代に合わせて成長できる「伸びしろ」を示すことが、内定を勝ち取るためには不可欠です。
「伸びしろ」を示すには、単なる意気込みだけでなく、「現在新しい技術を習得するためにしている具体的な事実」を強調するのが効果的です。プログラマーならば新たな言語の習得、デザイナーならばデザインソフトの資格勉強など、具体的な努力について語りましょう。
また、その努力がいかに転職先で生かせるかの展望まで語ることができれば、面接官はあなたの活躍イメージがよりつかみやすくなります。

社会性・協調性をアピールしよう

クリエイターにはアーティスト的な側面もありますが、企業に就職する以上、組織の中で協力して仕事を進めていく姿勢は欠かせません。自己PRであまりに自分の個性を強調してしまうと「扱いづらい人物なのではないか」「この人は組織でうまく協力できるのか」といった不安を抱かせてしまいかねません。社会性・協調性のアピールも欠かさずに行いましょう。
具体的には「チームで問題を乗り越えたエピソード」や「他者と協力して仕事をこなすために意識していること」などを必ず伝えましょう。
相手の目を見て明るくはっきりと話す、前職の批判をしないなど、面接の基本的なマナーを徹底することも大切です。

まとめ

クリエイターのみなさんが面接に対して抱いていた不安は解消されたでしょうか。事前の準備が面接の合否を分けるといっても、過言ではありません。準備不足で悔いの残る面接にならないよう、このコンテンツの内容を参考にしてみてください。
また、面接ではどのような質問がされるのか、どのような回答をするべきなのかを知りたい方は、「よくある面接の質問と回答例」をご参照ください。